プロフィール
プロフィール
数度の手術を経て右ひざに人工関節を埋め込み「これでOK」と喜んだのもつかの間、2年と経たずにそれを壊し、再度の置換に至ってしまいました。
何度もメスを入れている関係かあまり膝の状態も良くなく少々元気を失っているというのが本音です。
でも…自転車だけは止められないのよねぇ…。
主治医にはナイショです…(^^)
最近のコメント








ポラールRC3GPS///3度目の入院

写真を撮るのを忘れたので文章のみ…

2013年の12月に購入したポラールのGPS機能付き心拍計「RC3 GPS」
液晶漏れが徐々に広がってきてしまい、あまりにもみすぼらしい状態になってしまったので修理のためポラールに郵送した。

保証期間は2年なので今度は有償修理。
出来れば避けたいと思っていたことが現実になってしまった。今回で3度目の修理だ。

一度目は心拍センサーとのマッチングが取れなくなり心拍センサーを交換。
二度目はUSBコネクターが外れてしまい修理。

そして今回は液晶漏れ…たぶん基盤の交換となるだろう。

ポラールの心拍計は6年ほど前から使っており、一番最初に購入した「FT60」が一度の故障もなく今も元気に動いている。
電池もボタン電池を入れれば忘れたころに電池切れを起こすくらい電池が持つし、心拍もRC3とほぼ同じ拍数を記録する。

足りないのはGPSのログを取るだけ…

本音を言えばこれで十分な気がするが、自転車を乗っているとやはりログを取りたくなるのが心情ってもの。

やはり基盤交換をしてもRC3 GPS を復活させた方が良いだろう…

しかし、経年変化というのか使いすぎというのか、RC3の電池の持ちがここ最近一気に悪くなってきており、5時間もすると「Low battery」の表示が現れ、ロングライドでは予備バッテリーを持つのが当然の行為となってしまっている。

やはり、自転車には自転車用のロガーが必要なのだろうか?

とはいうものの、ガーミンに乗り換えるつもりもないし、ポラールの地図付きサイコンまではいらないし…

うーん…ポラールのM450で手を打とうか…
でも、この機種の情報があまり多くなく決断がつかない…悩みどころだ…


にほんブログ村

コメントをどうぞ

CAPTCHA