プロフィール
プロフィール
数度の手術を経て右ひざに人工関節を埋め込み「これでOK」と喜んだのもつかの間、2年と経たずにそれを壊し、再度の置換に至ってしまいました。
何度もメスを入れている関係かあまり膝の状態も良くなく少々元気を失っているというのが本音です。
でも…自転車だけは止められないのよねぇ…。
主治医にはナイショです…(^^)
最近のコメント








スペインクオリティー///wiggle

8月16日にwiggleから届いたミシュランタイヤなどの自転車パーツ。実を言うと同時にフルクラムのホイールを一緒に注文してあった。
先に小物のパーツが届いてしまった。要するに分割発送ってやつ。

ここまでならよくある話。

16-08-17b

普通なら2~3日も待てば届く筈なのだか、今回に限っては一向に届く気配がない。

マドリードの国際郵便局内で5日ほど動きが止まり、国際郵便局を出たと思ったらまた1週間近く動きが無く、日本に着いたのはwiggleに注文を出してから20日も経った8月26日。

16-08-30

挙げ句の果てには日本に届いたと思ったら、税関で足留めを食い、名宛人に確認中となり「分割発送のようだが他の荷物が見当たらない、受けとりましたか?税金は払いましたか?」という確認の為の葉書が届く始末。

どうやら、インボイス上ではホイール以外のパーツがあるのにそれらの物が見当たらないので確認の為に保留にしたらしい。

16-08-31

そりゃあそうだろう。ホイール以外のパーツは既に受け取っているのだから税関にあるはずがない。

今回は、先に受け取った物がありその時には税金を一切払って居ないという事実をありのままを申告したので、電話のやり取りですぐに通関手続きをしてもらえる事になったのだが、もし先の荷物の受け取りの際に税金を払っただとか物を受け取っていないなどということがあれば、書類のやり取りやら何やらでもっと日数が掛かった事だろう。

税関の担当者も、最近のwiggleからの荷物は分割発送が日にちを明けて届く事が多く、また、書類上の不備も散見するようになったので税関で止まる例が増えたと話していた。

今回のように税関で保留となるケースは初めての経験だったけど、最近のwiggleは発送から届くまでの時間が掛かるようになってしまった。
以前なら早ければ1週間も経たずに届くことがあったが、最近は早くても2週間、遅ければ1か月近くかかる。

これもwiggleの物流拠点がスペインに移ってからが顕著になった。

どうやらスペインからの輸送にボトルネックがあるようで、うわさでは、国際スピード郵便(EMS)とはいえ日本向けの荷物がある程度溜まるまで空港の倉庫で留め置かれるとのこと。

真意は分からないが、ラテン系、特にスペインならさもありなんという感じだ。

まあ、じたばたしても仕方ない。以前のように1週間で届くなんてことは過去の事。スペイン人に日本人が求める配送のクオリティーを期待する事自体が間違いのもと。

いつか届く、壊れていなけりゃOKと思って気長に待つしかない。

焦ったら負け。スペインクオリティーには何人も敵わない。もしかしたら、これでもスペインではスピード郵便なのかもしれない。

16-08-31a

いやぁ…やっとで動き出した。明日には届くだろう…。


にほんブログ村

コメントをどうぞ

CAPTCHA