プロフィール
プロフィール
数度の手術を経て右ひざに人工関節を埋め込み「これでOK」と喜んだのもつかの間、2年と経たずにそれを壊し、再度の置換に至ってしまいました。
何度もメスを入れている関係かあまり膝の状態も良くなく少々元気を失っているというのが本音です。
でも…自転車だけは止められないのよねぇ…。
主治医にはナイショです…(^^)
最近のコメント








通院とジャージのサイズ直し///痩せたのはいいんだけど…

今日は二か月ぶりの通院日。一年前に入れ替えた右ひざの人工関節を確認をしてきた。

16-08-19

まるでコピー機のように定期的なメンテナンスというか点検が必要。

で…その検査の結果だが、どうやら脛骨の一部が痩せてきているようで少し気がかりな状態らしい。
とはいえ、今すぐにどうなるわけでもなく、様子を見ることになったのだが、骨が痩せた原因が何であるのかは全く分からないとのこと。

細菌感染で骨が痩せることもあるが、血液検査の結果では炎症反応が見られず、膝の腫れもさほどではない。

16-08-19a

もしかしたらレントゲンを撮影する時の角度の違いによって痩せて見えるのかもしれないが、もし、何かしらの原因で骨が痩せたのならまた入院をしてコンポーネントの入れ替えをしなければならない。

出来れば三度の入院(交通事故による入院を入れれば7度目の手術となる)はしたくない。
悪くなりませんように…と神様にお願いするしか今の私にできることはない。

いやはや…膝の痛みと変形に耐えかねて人工関節を入れたのだが、こうも人工関節で悩まされるとは思わなかった。ちょっと早まったと悔やんでいる。

さて、診察の後は市内にある「マジックミシン」にサイクルジャージの身幅を直してもらうために出向いてきた。

16-08-19b

このサイクルジャージを購入したときは体重が90キロを軽く超えており、着るとパツンパツンの状態だったが、77キロに痩せた今、上に乗せたWiggle High5 Team Air Pro のサイクルジャージがちょうどいい大きさになってしまった。

16-08-19c

思い入れのあるジャージのためサイズを直してでも着たいと思い、サイズ直しを思い立ったのだが、4cmほど身幅を詰めるのと袖口の寸法も詰めるため、費用がどれだけかかるのかが問題。

その場での見積金額は出なかったためジャージを預け一旦お店を離れるが、その後掛かってきた電話では7000円ほど掛かるとのこと。

正直なところちょっと高い気もするが、同じジャージは入手できないし新たなジャージを購入するにしても同じような金額はかかる。

あとは思い入れに対して費用を払えるかどうかだが、やはり思いに勝るものはない。

納期は一週間後。

どれほど上手く直してくれるか、ちょっと見物でもある。

16-08-19e


にほんブログ村


にほんブログ村

コメントをどうぞ

CAPTCHA