プロフィール
プロフィール
数度の手術を経て右ひざに人工関節を埋め込み「これでOK」と喜んだのもつかの間、2年と経たずにそれを壊し、再度の置換に至ってしまいました。
何度もメスを入れている関係かあまり膝の状態も良くなく少々元気を失っているというのが本音です。
でも…自転車だけは止められないのよねぇ…。
主治医にはナイショです…(^^)
最近のコメント








スマホ改造///SO-04d ナビ専用機化その5・最終回

root化と強制APNの無効化(MVNO SIMによるデザリング)が実現したら、あとは不要なアプリを削除してXperiaの動作を軽くします。
とにかく、このSO-04Dはドコモのアプリなど、不要とは言いませんがメモリーを圧迫するアプリが満載しており、これらアプリを削除しないことにはサクサクとしたカーナビ専用機が実現しません。

5-01

・その5 不要アプリを削除する。
Xperiaの設定→アプリから不要アプリを削除することも可能だけれど、Docomo系のアプリは削除も強制停止もできなものがあります。
そこで「Titaniumu Backup」でアプリケーションを個別に削除していきます。

「バックアップ/復元」をタップし、削除したいアプリケーションをタップします。

5-02

プロパティの画面が表示されますので「アンインストール」を削除します。

5-03

警告が表示されます。「はい」をタップし削除を行います。
※削除が不安なら、まずは「これは確実に使わないだろう」と思えるアプリから削除してください。
そして、削除後Xperiaが動作するか確認を行います。

5-04

アンインストールしたアプリケーションには取り消し線が表示されます。

5-06

もし、アンインストールしたアプリケーションを復元したい場合はそのアプリの名称をタップしプロパティの画面を表示させたのち「復元」をタップします。
※この操作はバックアップがされていないとできません。
アンインストール前には必ず「バックアップ処理」をしておきましょう。バックアップの操作についてはこちらから確認できます。

5-08

アプリなどをアンインストールするのが不安な場合「無効化」することもできます。
アプリ名称をタップしプロパティ画面を表示させて「無効化」をタップしてください。

5-05

無効化されたアプリは「ブルーアウト」で表示されます。
無効化はアプリの復元と同じように解除することができます。

5-07

削除や無効化したアプリの一覧は表示しませんが、Docomo系のアプリやSNSアプリ、エンターテイメント系アプリなどをことごとく削除し、メモリーの圧迫は環境整備前の1/3近くになりました。

5-00

これで、カーナビ専用機としての環境整備も終わり、用済み直前のスマートフォンが新たな人生を歩むことになりました。

なお、カーナビは「google Map」を使用しています。
「Navi Time」や「Yahooナビ」でもOKですが、私は「google Map」の方が相性が良いようです。

以上でSO-04Dのカーナビ専用機化の記事は終わりですが、この改造はあくまでも自己責任で行ってください。
今回紹介した方法で必ずしも実現するわけではありません。

 

 

コメントをどうぞ

CAPTCHA