プロフィール
プロフィール
数度の手術を経て右ひざに人工関節を埋め込み「これでOK」と喜んだのもつかの間、2年と経たずにそれを壊し、再度の置換に至ってしまいました。
何度もメスを入れている関係かあまり膝の状態も良くなく少々元気を失っているというのが本音です。
でも…自転車だけは止められないのよねぇ…。
主治医にはナイショです…(^^)
最近のコメント








足の違和感///アライメントの違い

昨日から歩行器を使っての歩行が可能となり、できるだけ離床して歩くようにしている。

足の腫れもまだ引かず、筋の強ばりや筋力の低下もあいまって、歩行器に掴まりながらへっぴり腰でヨタヨタと歩くことしかできないが、高い視線はそれだけで気持ちが良く「ああ…治ってきているなぁ…」と実感する事ができる。

自分の足で歩けるっていいなぁ…

さて、歩くことができるようになって、足先の向きや足裏への体重の掛かり方…車でいうところのアライメントの違いに気が付いた。

手術前は、常に小指側に体重がかかり足先の向きは、まっすぐ前向き。
手術後は、母子球に荷重か移り、足先は外を向いている。

以前は小指球にタコができやすく足先の向きも右と左で異なっていた。
そのことを主治医に伝えておいたため、今回の入れ替えで足の角度をシンメトリーに直してくれたらしいが違和感バリバリ…。

まだ体重を掛けられないし、足自体も動きが悪くて今の状態ではどのように歩いて良いのすらわからないが、歩き方や足裁きをまた一から見直さなければならない。

歩き方を直すのも神経使うのよねぇ…

 

コメントをどうぞ

CAPTCHA