プロフィール
プロフィール
数度の手術を経て右ひざに人工関節を埋め込み「これでOK」と喜んだのもつかの間、2年と経たずにそれを壊し、再度の置換に至ってしまいました。
何度もメスを入れている関係かあまり膝の状態も良くなく少々元気を失っているというのが本音です。
でも…自転車だけは止められないのよねぇ…。
主治医にはナイショです…(^^)
最近のコメント








穏やかな冬の一日///あんぱんサイクリング

静岡と言っても、静岡市から沼津市にかけての地域は、真冬とはいえ気温もさほど低くならず風も吹き荒ぶでもなく、本当に穏やかな気候の地域だと思う。

先日の木曜日、風もなく寒くもない冬とは思えない天気のもと、沼津までの100キロ超のサイクリングに行って来た。

目的地は沼津港近くにある「恵比(えぴ)」というパン屋さん。
パン生地の発酵に酒種を使い、あんぱんのみで「スイーツ女子」のハートを掴む、食べログでも評価が高いパン屋さんだ。

「スイーツ女子」だけでなく「スイーツおじさん」も「ググッ」と惹きつけるだけの魅力はある。
特に、甘党のサイクリストには外せない。

今回買ったのは「小倉あん、抹茶あん、しろあん、」の3つ。
サコッシュなどを持っていなかったため、全種類を買えなかったのは残念。

味は、酒種を使っているだけあって、ひと噛みするとすると「酒まんじゅう」のような日本酒の香りがする。
この酒種のおかげで、パンのしっとり感や独特の風味ををつくり上げているとのことだが、日本酒の香りや味がダメ…って人はちょっと苦手かもしれない。

ただ、普通のあんぱんとの違いは一目瞭然…いや、一口瞭然。

そして、肝心のあんは、パン生地とは違い普通って言えば普通だけど、この「普通さ加減」が独特のパン生地と相まってうまさを引き出している。

私の地元には「あんこのふるさと」(近代製餡業発祥の地)と言われる地域があり、あんこの味に関しての閾値が高い人が多い。

その一人である私のオヤジが「これ美味いね…」とパクパク食べた事実からして、あんこの味の良さを歴然に示している。

「スイーツじじい」をも魅了する「恵比」恐るべし…

また、買いに来よう。

あちらこちらで雪の便りが届いている12月の半ば過ぎなのに、風一つなく、ジャージの前をはだけても汗をかくような陽気のここ静岡…

あちこち「自転車の町・自転車のメッカ」を標ぼうしているが、通年で自転車に乗れる地域はそれほど多くない。

静岡でも自転車文化の熟成に取り組んでおり、東京五輪の自転車競技を誘致したこもありその流れは加速している。

道路面や施設の整備など、他の地域に比べればまだまだ劣っているところが多いが、気象面においては全国随一ではないだろうか…

いち自転車乗りとして、この地域で自転車に乗れることはとても幸せな事ではないかとの思いを改めて噛みしめた。

そんなことも考えた「あんぱんサイクリング」だった。
ごちそうさまでした…。


にほんブログ村

コメントをどうぞ

CAPTCHA