プロフィール
プロフィール
数度の手術を経て右ひざに人工関節を埋め込み「これでOK」と喜んだのもつかの間、2年と経たずにそれを壊し、再度の置換に至ってしまいました。
何度もメスを入れている関係かあまり膝の状態も良くなく少々元気を失っているというのが本音です。
でも…自転車だけは止められないのよねぇ…。
主治医にはナイショです…(^^)
最近のコメント








‘本’ カテゴリーのアーカイブ

ダイエット///新たな気持ちで仕切り直し

今年中に体重を67キロまで持っていきたいと思っていながらどうにも結果が出ず、返って体重が増えてしまう傾向にあるこの1ヶ月…

このモチベーション低下を何とかしたいと思い、中野ジェームス修一氏が書いた「世界一やせる走り方」という本を購入してみた。

私の場合、ランニングではなくサイクリングで痩せたいと目論んでいるのだが、残念ながら自転車関係の本で「痩せる」を掘り下げた本がない。
そこでこの本を手に取ったのだが、ランニング中心の内容ではあるものの、痩せるためにはどれくらいの心拍数で走ればいいのか…とか、食べ物・食べ方の注意点やモチベーションの保ち方など、痩せるための心構えにページを大きく割いており、サイクリングで痩せようという私にとっても、改めて参考になる事が多く書いてある。

内容はこれから痩せようという人に向けたものなので、どうしても初歩的な内容とはなる。

しかし、「強く速く」を今求めない者にとっては、初心者向けのランニングHow to本の方がかえって身近でわかりやすく素直に頭に入ってくる。

「強く早く」は痩せた後の楽しみであって、FTPやパワーメーターは「今の目的」ではない。

とにかく、痩せるためのノウハウが満載されたこの本…知っていることも多いが改めて知識として頭に入れることで「さあ!痩せよう!!!」という気持ちが満ちてくる。

この本の内容であれば10キロ減は確実に実行できそうだ…

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 ダイエットブログへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 目標体重 60kg台(男)へ

ロードレース///敗者の美

ロードレースが好きだ。

レースに出る事はもうないが、内外を問わずロードレースを見るのが好きだ。

何が好きかを的確に表すのは難しいが、勝利に沸く一人ではなく、その背後に隠れる敗者に目が行く。
特にスプリントで力尽き、うなだれてゴールを切る二位三位の選手の姿に物語を感じてしまう。

それも自分が勝者にはなれなかったからかもしれない。

いつかは勝つ…そう思って走り続ける…それが生き様。

16-09-23

 


にほんブログ村

直面する介護///父よ…を読んで…

「父よ~ロンググッドバイ・男の介護日誌」という本を読んだ。

テレビを殆んど見ない生活をしているので知らなかったが、巷では話題になっているらしい。

16-09-13

私自身、90歳近い両親の介護をする身なので、この本に書いてある「親の介護」が他人事に思えず、なかなかページを繰る事が出来なかった。

高齢者福祉の仕事に就いていた事や福祉関連の資格をいくつか持っている事もあり、介護については知識も経験もあると自任してはいたものの、実際に自分の親が介護をする状況と仕事として他人の介護をすることとは、心構えから接し方から何から何まで異なり、いざ親の介護となると知識も経験も全て吹き飛びオロオロしてしまう。

「どうしたらいいのか、どうするのが父のために一番いいのか、まったく見当がつかないんです…」本の一節にこのような事が書いてあったが、当事者の私としても全くもって同じ気分だ。

元気だった姿が徐々に衰えていくのを間近に見ていると私の気持ちが掻き毟しられるだけでなく、何もできな自分にいら立ちを感じる。

それ故に、他人になら冷静に介護できるものが身内に対しては冷静さが失われてしまい感情的になってしまう。

今はまだ両親とも身体介護が必要な状態にはなっていない。しかし、そう遠くない将来もっと介護に費やす時間と労力が必要になるだろう。
そう考えると恐ろしさと同時に悲しさがこみ上げる。

介護すること…それは子供として当然のことだと私は思っている。だから覚悟はしている。でも、直面しつつある介護の壁にすでに打ちのめされそうでもある。

長生きするのはいいことなのだろうか…。そんなことも考えてしまう。

 


にほんブログ村


にほんブログ村